「矢馳A遺跡第3次」カテゴリーアーカイブ

矢馳A遺跡第3次(9月4日〜9月8日)


RQ46出土状況 ST981から出土した石製の紡錘車です。


RP47出土状況 ST981から出土した須恵器の底です。裏に刻印があります。


A区ST981遺構精査 この竪穴住居跡は、残念ながら西半が道路の下に埋まっています。今週は、遺物を残しながら床面まで掘り下げました。石製の紡錘車や、須恵器の坏・甕が出土しています。


矢馳A遺跡第3次(7月18日〜7月21日)


A区RP31  須恵器の底裏に文字が刻まれていました。


B区  竪穴住居跡と思われる遺構の出土状況です。


C区縦組み木枠井戸  井戸の出土状況です。くり抜いた木を使っている部分(手前)と、細かい板を組み合わせている部分(奥)で構成されています。細かい板を組み合わせている部分には横木が渡されています。


C区横組み木枠井戸  井戸を約30センチ掘り下げると、中から木組みが検出されました。