興屋川原遺跡第3次(9月4日〜9月8日)


1001号建物の掘り方を断ち割りました。径30cmほどの柱痕跡(アタリ)が明確に認められました。しかし、確認面からの深さは浅く、この地域が建物のあった時代より数十cmも切り取られ、残念ながら多くの遺構はすでに削り取られたことが明らかとなりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です