yamagatamaibun のすべての投稿

諏訪原2遺跡(6月24日~28日)

1区北側調査の終盤、全景写真撮影のために調査区と遺構の掃除をしました。
1区北側の火葬骨が出土した遺構を掘り下げました。遺構床面が焼けていないことから、別の場所で火葬した骨を埋葬したようです。
先週掘り始めた5区の大型土坑です。1m近く掘り下げても底に到達しないので、断面の記録を取ってから全体を掘り下げます。

令和7年度採用 職員(調査研究員)採用試験実施のお知らせ

当財団では、山形県内における埋蔵文化財の調査研究、埋蔵文化財保護・活用の普及啓発などに取り組んでいます。
令和7年4月1日採用の職員採用試験を以下のとおり実施します。
詳細は、「採用試験実施要項」を確認してください。

  • 採用職種及び予定者数
    • 調査研究員
    • 若干名
  • 職務内容
    • 埋蔵⽂化財発掘調査及び整理作業、調査報告書の作成など
  • 第1次試験
    • 令和6年9⽉21⽇(⼟)
  • 受付期間
    • 令和6年7⽉8⽇(⽉)〜9⽉9⽇(⽉)
  • 見学の受入れと勤務内容等の説明について
    • 勤務環境や業務内容確認を⽬的としたセンターの⾒学をお受けいたします。
      また、勤務条件・業務内容についても説明いたしますのでお問い合わせください。
  • 必要書類等ダウンロード

諏訪原2遺跡(5月20日~27日)

調査開始のオリエンテーションです。雇用通知書を作業員さんに渡し、雇用条件などを説明しました。
機材を積んだトラックが到着したので総出で下ろしました。
1週目は1区南半分と5区の表土除去を行いました。
1区と5区の面整理作業を行いました。
1区の南半分は遺構精査と記録作業を行いました。

『考古学・歴史学ゼミナール』受講生募集のご案内

当センターでは現在、考古学や歴史学、人類学などを学びたい高校生の方のための『考古学・歴史学ゼミナール』の受講生を募集しています。

質問等も受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。

ご応募お待ちしております!

 

チラシ(PDF

【対象者】

考古学・歴史学・人類学などを学びたい高校生

 

【予定内容】

・考古学・歴史学に関する講座
・大学での専攻案内や卒業後の就職先、仕事内容について
・遺跡からの出土品を用いた実習
・遺跡の発掘調査体験

 

【日程・場所】

日程:8月1日(木)・8月2日(金)
場所:山形県埋蔵文化財センター(上山市中山字壁屋敷5608)ほか
参加者に改めて通知します。

 

【費用】

無料(センターまでの移動費や昼食などは各自の負担となります)

 

【応募方法】

下記内容を添えてメールかお電話でお願いします。

MAIL:yac@yamagatamaibun.or.jp
TEL:023-672-5301
1:氏名
2:学校名
3:連絡先(電話・メールアドレス)
4:希望する進学先(任意)

 

【募集人数】

5名程度(応募者多数の場合は日程を調整することがあります)

 

【応募締切】

2024年7月25日

 

ーお問い合わせー

(公財)山形県埋蔵文化財センター 天本

〒999-3246 山形県上山市中山字壁屋敷5608番地

TEL:023-672-5301 FAX:023-672-5586

mail:yac@yamagatamaibun.or.jp


令和6年度5月出前授業

今年も出前授業が始まりました!

今年度一校目は、庄内町立余目第三小学校です。

はじめてさわる本物の縄文土器に、皆さん興奮していました。

二校目は、尾花沢市立玉野小学校です。

弓矢飛ばし体験は盛り上がり、またやってみたいとの声が多くありました。

三校目は、米沢市立松川小学校です。

火起こし体験では、皆さん一生懸命になって取り組んでいました。なかなか火が付かず「今日はごはんが食べられない・・・!」との声も。

四校目は、米沢市立塩井小学校です。

縄文時代の講話は、皆さん真剣に聞いてくれていました。今後の学習に繋がってくれると嬉しいです。

五校目は、山形市立出羽小学校です。

火起こし体験では、見事に火が付き皆さん大興奮でした。火が付かなかったグループも煙が出るところまでいくなど、一生懸命取り組んでいました。

六校目は、鶴岡市立渡前小学校です。

縄文服を着ながら勾玉作り体験をしました。こちらも皆さん熱心に取り組み、完成した勾玉をお守りにしたいという声もありました。