興屋川原遺跡第3次(10月23日〜10月27日)


E区で大形の土坑が検出されました。平安時代の土器を含んでいます。井戸になる可能性もあります。


E区拡張部分の表土除去後、ジョレンを使って掘り下げ遺構の検出作業を行いました。この作業と並行し、検出した遺構の分布図を作る作業も行いました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です