平成20年度 共同企画展 ~埋もれていた米ものがたり~ 開催

山形県立博物館にて、当センターと県立博物館の共同企画展を開催。

「米どころ」と言われ、良質な米を生産している山形県が、どのようにして稲作を始め現在の姿になったか?2千年もの長きにわたって埋もれていた「米作りものがたり」を水田や住まい、土器、農具などの出土品を通して振り返り、「米どころ山形」の原点をご紹介します。

・ 生石2遺跡(酒田市)
<おいし2いせき>
kenpaku_oishi_1.jpg

・馬洗場B遺跡(山形市)
<うまあらいばBいせき>
kenpaku_umaarai_01.jpg

・服部遺跡・藤治屋敷遺跡(山形市)
<はっとりいせき><とうじやしきいせき>
kenpaku_hattoritouji_01.jpg

・上高田遺跡(遊佐町)
<かみたかだいせき>
kenpaku_kamitakada_01.jpg

・ 期 日 平成20126日(土) ➤➤➤ 1221日(日)

・ 場 所 山形県立博物館 (霞城公園内)  ※月曜日休館

・ギャラリートーク 126日・13日・20日(土) 13:30~

より大きな地図で 山形県立博物館 を表示