「庄内地方」カテゴリーアーカイブ

南口A遺跡(7月13日~7月17日)

minamiguchi_11.jpg

月曜日の朝、現場は雨によってプール状態となっていました。梅雨の季節にはよく見られる光景です。急いで排水作業を行いました。

minamiguchi_21.jpg

遺構を掘っています。みんな慎重に少しずつ掘っています。今週からは遺構の掘り下げが作業の中心となっていきます。

minamiguchi_31.jpg

遺構の断面図を作成しています。どのように土が堆積したのかを記録します。


玉作2遺跡(7月13日~7月17日)

tamatukuri2_12.jpg

C区の中央にある遺構です。恐らく湿地だった場所だと考えられます。古墳時代の土器が数片出土しています。

tamatukuri2_22.jpg

以前に紹介した溝を慎重に掘り上げています。深さは10㎝程のようです。

tamatukuri2_31.jpg

上郷小学校の4年生と5年生が遺跡見学に来てくれました。調査員の話を真剣に聞いていました。


南口A遺跡(6月29日~7月3日)

minamiguchi_1.jpg

梅雨の季節です。どんよりとした空が広がっています。鳥海山も裾がわずかに見えるだけです。

minamiguchi_2.jpg

遺構検出が続いています。カンナをかけるように地面を削り、遺構を見つけ出す「ジョレンがけ」です。熟練の技が求められます。

minamiguchi_3.jpg

見つかった遺構の平面図を作成しています。遺構平面図は、発掘調査を進めていくうえで必要不可欠なものです。


南口A遺跡(6月22日~6月26日)

minamiguchi_12.jpg

この日は明け方に大雨が降りました。調査区内の排水作業を行いました。

minamiguchi_23.jpg

調査区隣の田んぼにカモメが飛来しました。海が近いことを実感させてくれます。

minamiguchi_33.jpg

6月25日には、余目第一小学校の6年生が発掘体験にやってきました。晴天の下、作業員と協力しながら一緒に遺構検出を行っています。