「出張坂城跡」カテゴリーアーカイブ

出張坂城跡(6月6日~6月10日)


城跡の頂上付近から写真を撮っているところです。
後ろは切り立った崖で、その脇を国道7号が走っています。
高低差が約20mあります。


B区の溝跡(SD2)を掘り下げているところです。
大量の炭や焼土とともに、焼けた石や鉄製品などもたくさん出ています。


出張坂城跡(5月30日~6月3日)


山の斜面に長さ20m、高低差10mほどのトレンチを設定しました。
長いため、7~8箇所に分けて断面図を作成しています。


石組み遺構を半截している様子です。土の下にもまた石が埋まっているようです。


休憩中の様子です。遠くに日本海東北自動車道の本線工事が見えます。
数年前、発掘調査を行った南田遺跡や岩崎遺跡の付近です。


出張坂城跡(5月23日~5月27日)


天気の良い日には、鉄工団地内にある発掘調査事務所から
鳥海山がきれいに望めます。


B区より石組み遺構を検出しました。
何に使われていたのか、これから検証していきます。


トレンチを50㎝ほど掘り下げたところ、
15~16世紀の擂鉢(すりばち)片が出土しました。
ちょうど出張坂城の成立していた時期に相当しそうです。


B区からは焼土と炭を大量に含んだ遺構も見つかっています。
これから掘り下げて、記録をとっていきます。