「矢馳A遺跡第3次」カテゴリーアーカイブ

矢馳A遺跡第3次(11月27日〜11月30日)


最終になった河川跡を掘り終えたようすです。土師器などの多くの遺物が出土しました。


調査終了時の調査区の全景です。ところどころ、河川跡や基本層序を調べるためのトレンチが見られます。


調査最終日、お世話になったプレハブをきれいにしています。


矢馳A遺跡第3次(11月20日〜11月24日)


11月19日に現地説明会を行いました。お集まりいただいた58名の方々には、矢馳A遺跡の概要と出土遺物の説明の後、現場内を歩いて遺構を見学して頂きました。


C区西側の包含層から、古墳時代の坏などが出土しています。


C区西側の河川跡(SG1048)から出土した、土製の紡錘車です。直径約4cm、高さ約2cmの円錐形です。


矢馳A遺跡第3次(9月25日〜9月29日)


A区SK1046遺物出土状況 土壙から土師器の甕や坏の破片が多数出土しています。


A区 包含層から須恵器の坏が二点並んで出土しました。手前の土器には、焼成する際に土器同士の溶接を防ぐために藁を敷いたことによってできる火襷痕が残っています。