「八反遺跡第2次」カテゴリーアーカイブ

八反遺跡2次(11月19日~22日)


石製模造品が出土した同じ遺構から、臼玉(うすだま)と思われる遺物が出土しました。
直径3㎜程度、中心に穴が開いています。
ビーズ細工のようにとてもきれいな色をしています。


竪穴住居跡の完掘状況です。
写真の一角だけでも、10棟程度検出されています。


八反遺跡2次(11月12日~16日)


井戸跡から折敷(おしき)と思われる遺物が見つかりました。
折敷とは、現代風に言い換えれば「木製ランチョンマット」となるでしょうか。
同じ井戸跡から漆器も見つかっており、セットで使用されていた可能性もあります。


多数検出した住居跡も、ほぼ完掘されました。。
それにともない、遺物の数が日を追うごとに増えています。


住居跡の一つから検出されたかまど跡です。
右の方に土師器の甕(かめ)がつぶれた状態で現れました。
接合すれば、ほぼ完全な形になるようです。


八反遺跡2次(10月15日~19日)


調査区西側端にある川跡とみられる遺構を掘り上げました。
遺物の数としては少ないのですが、雨水が入ってしまうと土をあげるのも一苦労です。


以前紹介した「坩(かん)」が出土した地点の周りからも、古墳時代のものと思われる土器が多数出土しています。
また、27日(土)の調査説明会では見つかった遺構や出土した遺物を紹介します。