水林下遺跡第2次(11月8日~12日)


雨天が多かった一週間だったので、好天に恵まれた月曜日は、たいへん貴重な1日でした。


月曜日からは、水林下遺跡第2次発掘調査の現場公開が始まりました。見学に訪れたかがたは、3万5千年前の石器が出土している状況を目の当たりにして、大変驚かれた様子でした。


石器の出土位置を記録するために、出土した石器を中心として、数㎝範囲を残し、土の柱として残して周囲の掘り下げを行います。写真や座標計測をした後で石器を取り上げ、土の柱をまた石器が出ないか崩すのですが、この日はその柱から後期旧石器時代前半期に多く現れる「台形石器」が出土しました。意外な場所から出土したので、大変驚きました。