「村山地方」カテゴリーアーカイブ

北向遺跡第3次(9月12日~17日)


今週も区画ごとの掘り下げを行いました。後半の調査区は、ほぼ全体が川の中にあるようで、住居跡などはありませんが、流されてきた遺物が出てきます。


掘り下げを進めると、川の跡がはっきりと出てきました。川から外れた場所にはいくつかの柱穴のような遺構が確認できます。


地域の小学生を中心に、体験発掘を実施しました。皆さん丁寧に遺物を掘り出してくれました。


山形城三の丸跡第23次(9月12日~16日)


今週も7区南側の調査を行いました。


主に近世の遺構を掘り下げ、並行して記録してます。


江戸時代の洗い場でしょうか。低い石組で、床面も石が組まれていました。


深い穴で、壁面に板材を立て4か所に杭を打って固定していた穴蔵のような遺構が発見されました。出土したのは近世の遺物ばかりなので、近世のものであると考えられます。


先週から掘り下げを進めた石組遺構を完掘しました。がっちりと壁面に石組が施されています。深さも70cmほどあり、床面が突き固められており、水場ではないと思われます。地下の貯蔵施設なのでしょうか?近現代の遺物が出土したことから近年まで使われていたようです。


山形城三の丸跡第23次(9月5日~9日)


今週も7区南半の遺構精査を行いました。近世の土坑からは磁器が出土しました。


石組を掘り下げています。出土する遺物は近現代のものですが、石組自体は近世のものと推測され、長く使用されて埋めるときにゴミも投棄したようです。


インターンシップの大学生が発掘作業に参加しました。考古学を専攻しており、将来考古学に関わる仕事に就きたいとのこと。とても頼もしいです。


山形城三の丸跡第23次(8月29日~9月2日)


今週の前半は7区南側の遺構検出作業を行い、後半から遺構精査を開始しました。


検出作業が終了すると、全景写真を撮影しました。


必要に応じて、遺構全体を段下げして再確認したり、半截する作業をしました。検出された遺構は概ね近世のものですが、古代の遺物も出土しており、慎重な検討が必要です。


山形城三の丸跡第23次(8月22日~26日)


今週は、ひたすらジョレンで7区の遺構検出作業を行いました。ところどころ攪乱を受けていますが、近世の遺構の残存状況は良さそうです。また、昨年度に大型の竪穴住居を検出した6区のすぐ隣なので、平安時代の遺構も期待できそうです。


まだ遺構がハッキリと見えません。来週前半も遺構検出作業を行う必要がありそうです。


山形城三の丸跡第23次(8月17日~19日)


お盆休みが明け、新たな調査区の表土掘削に入りました。


8区の南側はコンクリートの建物基礎により破壊されていましたが、北側は残っているようです。


8区は土捨て場の関係上、半分に分けて調査します。まず、南側半分の調査に入りました。重機で表土を掘削した後、ジョレンで面整理作業を行いました。