「清水遺跡(3)」カテゴリーアーカイブ

清水遺跡(3)(11月21日~11月25日)


この週は天気の悪い日が続き、調査区も積雪しました。
積もった雪をかき分けてから竪穴住居跡の調査を行いました。


調査区南側の検出面を掘り下げるために除雪をしています。


調査区南側の検出面を掘り下げている所です。
見えなかったピット(穴)がいくつか確認できました。


天気が悪いと暗くなるのも早くなります。
夕刻の暗い中でも図面作成を行います。


清水遺跡(3)(11月7日~11月11日)


調査区の一番北側にある竪穴住居跡を掘り下げています。
これまで検出した住居跡の中で、最大のものです。


調査区西側の検出面を下げて、さらに遺構がないか確認しました。


日が沈むのが早くなってきました。
夕刻薄暗くなるまで、図面作成に励んでいます。


清水遺跡(3)(10月24日~10月28日)


調査区北側にある竪穴住居跡を掘り下げているところです。
土層断面から、写真中央にある溝跡が
竪穴住居跡を壊していることがわかりました。


調査区東側の竪穴住居跡を撮影するためにきれいにしています。


掘立柱建物跡が集中する所では、さらに検出面を下げて、
柱穴がないか確認しています。


お知らせ:清水遺跡(2・3地区)の発掘調査説明会(11月3日)

清水(しず)遺跡(2・3地区)の発掘調査説明会を開催します。

清水遺跡(2地区)では、平安時代の集落が確認されました。
多くの住居跡や川跡が見つかり、土師器や須恵器などが
多数出土しています。

清水遺跡(3地区)では、縄文時代と古代の集落が確認されました。
縄文時代ではおとし穴や石器の集中地点が、古代では多くの
住居跡や建物跡、集落を区画する溝跡などが見つかりました。
そして、縄文土器や石器、古代の須恵器や土師器などが
出土しています。

ぜひ、多くの皆さまのご来場をお待ちしております。

発掘調査説明会案内(PDF 121KB)
案内用地図(PDF 146KB)


清水遺跡(2地区)2次:出土した遺物(墨書土器)


清水遺跡(3地区):遺跡全景

調査遺跡:清水遺跡(2・3地区)(しずいせき)
日時:平成23年11月3日(木) 午前10時30分~
(雨天決行)
場所:村山市大字名取字清水北
地図を表示する


清水遺跡(3)(10月11日~10月14日)


調査区西側の土坑からは、多くの土器が出土しました。
小さな破片一点に至るまで詳細に記録します。


掘立柱建物跡の柱穴の土層断面を記録しているところです。
柱穴が深いため記録も一苦労です。


調査区北東側にある井戸跡を掘りました。
中からは漆器、白磁片、須恵器片など多くのものが出土しました。