「山形城三の丸跡第22次」カテゴリーアーカイブ

山形城三の丸跡第22次(7月19日~21日)


毎日、暑い日が続いています。その中でも作業員さんはきびきびと作業を行ってくれます。


調査区中央にある大きな土坑を掘り上げました。近世の陶磁器や、銅で作られた板状の遺物が出土しました。1区の作業は終了し、来週から新しい調査区に入ります。


山形城三の丸跡第22次(7月12日~16日)


調査が進み、穴が多くなり、凹凸も増えてきました。足場に注意しながら調査をしています。


梅雨明けが宣言され、これからは暑さとの戦いになってきます。そんな中、1区の終了が近づいており、この日は完掘写真を撮影しました。写真は撮影に向けた準備の様子です。


1区の完掘写真です。近世のごみ捨て穴や整地層、柱穴などが見つかりました。次週は土の見づらい箇所について遺構がないかを改めて確認します。


山形城三の丸跡第22次(7月5日~9日)


梅雨らしい天候が続いています。雨天後の調査は調査区の排水からスタートします。滑る足元に注意しながら、バケツやスポンジなどを使って排水していきます。


排水が終われば続いて遺構の掘り下げを行います。今回の調査区では柱穴や土坑など、大小さまざまな遺構があり、各遺構にあった掘り方を考えながら調査しています。


山形城三の丸跡第22次(6月21日~25日)


山形城三の丸跡の22次調査が開始されました。作業開始にあたり雇用開始式を行いました。


いよいよ調査開始です。今回は4区画に分け調査を行います。まず、1区の表土を重機で掘り下げました。


遺構を検出した状態です。灰色の土壌は近世の整地層のようです。それを掘りこんで井戸跡のようなものが見られます。