「2019(H31)年度」カテゴリーアーカイブ

上曽根遺跡第3次(10月28日~11月1日)

記録作業のために土坑の中や断面を綺麗にしています。綺麗にしたのち、土器の出土状況や土の堆積状況の写真を撮影します。

 

週の後半には2回目の空撮を行いました。以前紹介した柱穴列(左側の白丸部分)や先週紹介した掘立柱建物跡(右側の白丸部分)の様子がよくわかります。


上曽根遺跡第3次(10月21日~25日)

南側の調査区を横断する長い溝跡を掘っています。スコップや移植ごてを使い分けながら、遺物を傷つけないよう慎重に掘り進めています。

新たに掘立柱建物跡(ほったてばしらたてものあと)が検出されました。3間×2間の建物跡のようです。


上曽根遺跡第3次(10月15日~18日)

北側の調査区の溝跡を掘り下げました。新しい時代の溝跡に切られていますが、検出面からもいくつか土器が出土している溝です。

掘り下げていくと、数点の土器が出土してきました。なかからは完形に近いものや接合すると元の形に復元できそうな破片がまとまって出土してきました。


上曽根遺跡第3次(9月30日~10月4日)

今回新たに重機で表土を削ったところにジョレンをかけて、いつものように面整理をしていきます。

面整理が終わったところから、石灰で白線を引き、遺構の輪郭に印をつけていきます。

白線を引き終わった調査区です。前半で調査した部分(右奥)から続いている長い溝や柱穴、土坑などが確認できました。


上曽根遺跡第3次(9月17日~20日)

斎串(いぐし:災いを除ける祓いの道具)の出土状況です。井戸跡の掘方(ほりかた:井戸枠の外側の部分)から同じ形をしたものが大量に出土しています。

出土した斎串(いぐし)の一部です。写真のような両端を斜めに切った形のものが50本近く出土しました。


上曽根遺跡第3次(9月9日~13日)

遺物包含層から須恵器の坏が出土しました。2枚が重なり、ほぼ完形であることがわかります。右上が土を取り、綺麗にした状態です。

記録作業を行ったのち、1枚目を取り上げました。2枚目も残念ながら割れてはいましたが、破片がすべてあるので元通り復元できそうです。